1. ホーム
  2. スマホ、タブレット、パソコン
  3. タブレットPC
  4. アンドロイドタブレット
  5. ショップアルカリイオンジョーゼン(Jozen) JLXマイクロドライブ
【当店一番人気】 セール開催中最短即日発送 ショップアルカリイオンジョーゼン Jozen JLXマイクロドライブ egeodental.com.ar egeodental.com.ar

ショップアルカリイオンジョーゼン(Jozen) JLXマイクロドライブ

624円

ショップアルカリイオンジョーゼン(Jozen) JLXマイクロドライブ

ジョーゼン(Jozen) JLXマイクロドライブ

ショップアルカリイオンジョーゼン(Jozen) JLXマイクロドライブ

EMZYahoo!店Yデパートセンター55R 多機能時計 プロジェクター搭載 温湿度計 時計 アラーム 目覚まし ECkawaストアキュレル 潤浸保湿 UVクリーム 30g 日焼け止め
市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス
吉野 辰彦 5
27cm赤購入。デザイン抜群サイズピッタリでした。

Cattry BRANCHEネコポス便可能 マインドアップ 犬口ケア 歯ブラシ スモールヘッド ソフト
まっちゃもこ 5
マーナの製品はシンプルで使いやすくて信用性を感じますが、今回も良い買い物をしました。試しに1つ購入したのですが、直ぐにもう1つ追加購入しました。サイズは思ったより小ぶりでした。白雪の詩には少々小さかったですが、石鹸は日に日に小さくなるのでそこは余り気になりません。牛乳石鹸には丁度良いサイズでした。作りもマグネットの強度もしっかりしているのでとても長持ちしそうです。

ふうまパパ 3
使いやすさや、鍵が外れない安心感、軽さについてはとても満足しています。ただし、台紙に固定するバンド部分が本体に擦れて、最初から本体の塗装が剥がれているところがあったので残念でした。

shareshop築地魚群 塩水うに 1箱 ななはちストアブックカバー しおり付き 6サイズ 文庫本 新書版 四六判 B6判 A5 ダブルステッチ 日本製 ABOOK (ブラック, (ブラック B6判)
市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス
まさまさ 5
サイズもレンズの色も良かったですよー

ocastanetナチュラリー・フレッシュ 犬用ターキーラビット 2.27kg cuore.マテルゲーム(Mattel Game) トラベル ブロックス GND69 愛dealギフト ショップカットできちゃうバターケース 〈ST-3005〉 台所雑貨 LOHACO Yahoo!店菊水酒造 ソフトクリームのお酒 マンゴー 170ml 1本
市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス
市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス
天秤堂 店D.B.J フィッシングメジャー 135cm フィッシュルーラー 魚測定 魚 釣り 定規 巻尺 メジャー 釣り具 軽量 コンパクト 防水 耐摩耗 amrrストアun doudou ベビー 防水おねしょシーツ 2枚組 70×120cm 吸水速乾 パイル地 綿100% 四隅ゴム付き クリーム 1552K-CR(2
市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス
ナチュラム 店ゴールデンミーン GMロッドポスト SP ブラック
送料無料 最高峰ベアリングブランド オイルタイプ スペーサー付き スケボー 保障できる スケート ベアリング ボーンズ パーツ スイス 8個セット スケートボード Swiss Bones 白箱送料無料 最高峰ベアリングブランド オイルタイプ スペーサー付き スケボー 保障できる スケート ベアリング ボーンズ パーツ スイス 8個セット  スケートボード Swiss Bones 白箱
業務用製菓材料のスイートキッチン(PB)丸菱 冷凍Mマカロン(解凍後要冷蔵) アプリコット (大) 直径45mm×30個(冷凍)
市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス市場 ジョーゼン スタントラジコン ダートマックス
ケンコーライフ 店ピジョン ベビー沐浴料 500ml

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

1811
1810
1809
1808
1807
1806
1805
1804
1803
1802
1801
1800
1799
1798
1797
1796
1795
1794
1793
1792
1791
1790
1789
1788
1787
1786
1785
1811夜|ノースロップ・フライ『ダブル・ヴィジョン』
1810夜|木内堯央『最澄と天台教団』
1809夜|『新アジア仏教史11 日本仏教の礎』
1808夜|大谷栄一・吉永進一・近藤俊太郎編『近代仏教スタディーズ』
1807夜|嵩満也・吉永進一・碧海寿広編『日本仏教と西洋世界』
first-deliveryキタコ(KITACO) メインジェット 京浜丸型 大 M J #118 450-3031180
1805夜|日蓮『立正安国論・開目抄』
1804夜|明恵『明恵上人集』
1803夜|源信『往生要集(上下)』